パソコンを修理している男性

データの復旧

修理

パソコン内のHDDのデータ復旧は壊れたパソコンの症状によって異なり、バックアップを取っていても残っていないデータもあります。HDDの型番によってもデータ復旧が異なり、データ容量によっても費用が変わってくることを覚えておく必要があります。

データ復旧の仕方

通信

データ復旧の難易度は記録装置の高性能化やメディアの種類の増加によって、だんだんと上がってきています。最新の記録装置が壊れた場合、まだ対応できない会社もあることがあるので、データ復旧をしなくても済むようにバックアップを取ることが大切です。

費用を把握しておく

部品

データ復旧を行ってもらうためには、決められ料金を支払う必要があります。なお、事前に見積もりを行ってくれる所もあるので、相場が分からないという場合に相談してみましょう。

復旧依頼の仕方

パソコン

破損してしまったHDDなどのデータ復旧をしてくれる会社はたくさんありますが、サービス内容や価格は壊れた原因によって変わってきます。ファイル上のデータがおかしくなってしまったことに起因する論理的な破損と、HDDそのものが物理的に壊れてしまった場合では、論理的なエラーからの復旧のほうが安くファイルを復活させられます。多くの会社が容量を元に価格を決めているため、データ復旧でいらないものを復旧させればさせるほど価格も高くなってしまう傾向があります。普段からHDDの中身を整理し、いらないものを削除しておくことで、HDD全体の容量を抑えることができ、結果としてデータ復旧にかかるコストを抑えることができます。

大切なデータを復活させたいとき、それを戻す価格とファイルの価値を見極めることはとても大切です。論理的なエラーで軽度なトラブルの場合は、20000円程度から直してくれる会社が多いです。物理的障害で損傷も大きく技術的に難しい作業になる場合は150000円以上かかってしまうケースもあります。またファイル数やデータ量によっても変わってきますので、Web上に書かれている価格で収まらないこともあります。複数の会社に見積りを出してもらって比較すると良いでしょう。データ復旧を急ぐ場合はオプションで、即日対応してもらえるようなサービスを提供している会社もあります。復旧できる場合、まず復旧可能なファイルのリストをもらい、必要なフォルダを選んでいくことになります。