データの復旧

修理

パソコンのHDDのデータについてはどこで壊れたかによってデータ復旧が異なります。まず、パソコンを立ち上げてWindowsのロゴが出るか出ないか、または、完全にデスクトップが表示されてから壊れるかのどちらかになります。前者であればバイオスに問題がある症状になり、HDDのどこかがおかしいようになっています。後者であれば完全に立ち上がっていますので、HDDよりも電源部分の故障が第一に考えられるということです。 データ復旧といってもバックアップを取っていない場合に起こり得ることになりますが、バックアップは常に行われるのではなく、データは一定時間と共にバックアップを取るというものになります。 そのため、その期間に制作していたファイルがないために仕事でデータ復旧が必要になるということです。

パソコン内のHDDのデータ復旧方法として外付けHDD化にしてデータを取り出す方法と業者に持って行ってデータを復旧してもらう方法があります。前者は外付けHDDにできる方法ですが、後者の場合はHDDがネットワークPCやワークPC用になっていてケーブル自体が特殊な場合になります。基本的には業者の方にやってもらった方が完全にデータ移行をしてもらえるので安心して行うことができます。 通常のケーブルであれば費用も5万円もあれば復旧してもらえますが、ケーブルが特殊になれば10万円ほどの費用となります。その他にはHDDのデータ容量によっても金額が異なり、データ容量が多い場合はそれだけ抽出する量が多いので費用がかかってしまうということです。